P455-Yasmin-Schepens-British-Columbia-Canada

理学療法士の研修について

By | 未分類 | No Comments

理学療法士2名が6月20日から7月2日まで関東の大学病院、クリニックで、

野球の肩、肘、

足のスポーツ外科、

リハビリテーションにおけるエコーの活用、

等について研修させていただきました。

この間、2名不在になり、リハビリテーションでは皆様にたいへんご迷惑をおかけしました。

研修で得たこといかして、より良きリハビリテーションを提供していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

IMG_1903

手・足の日帰り手術ーwide awake surgery-

By | 未分類 | No Comments

「超音波画像診断装置を用いた選択的伝達麻酔によるwide awake surgery」というタイトルで執筆させていただきました。

当院では、診察・治療・麻酔等に超音波診断装置(エコー)を使用しています。

エコーを用いて選択的に神経ブロックを行うことで、手術中に動きを確認しながら行うwide awake surgeryも、比較的少ない量の局所麻酔薬で行うことが可能です。

より安全で確実な「手・足の日帰り手術」が行えるように、今後も努めていきます。

スクリーンショット 2020-12-30 11.38.16

水曜日午後の診察について

By | 未分類 | No Comments

水曜日午後の診察について

令和4年4月より、水曜日午後の診察は、熊本大学の医師による診察になります。

院長は同時間帯に、クリニック内で手術を行います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

web us

超音波診断装置について

By | 未分類 | No Comments

当院では診察室2室にそれぞれ1台、処置室に1台、計3台の「超音波診断装置(エコー)」を常設しています。

靭帯や腱などの軟部組織疾患の診断、単純X線では確認が難しい骨折の診断などの補助となるように用いています。足関節捻挫に伴う靭帯断裂の診断には欠かせない診断装置であり、特に小さい子供さんの足関節捻挫では、エコーでしか確認できない剥離骨折もありエコーを用いた確実な診断が望まれます。また、これまではMRIを必要としていた腱板断裂などの診断もリアルタイムに行うことができます。

肩関節腔内注射、手根管内や腱鞘内注射、仙骨ブロックなども超音波ガイド下に行うことで、より確実に注射ができるように心がけています。

科研講演会

エコー使用経験の講演について

By | 未分類 | No Comments

整形外科診療においても、エコーの使用がかなり増えてきました。

今回は『クリニックにおけるエコーの使用経験』という演題名で講演の機会をいただきましたので、webセミナーにて講演させていただきました。

1-10

診療予約について

By | 未分類 | No Comments

当院では、初診・再診ともに診察予約は行っておりません。

受付いただいた順番で診察致しております。

受付いただいた後に外出いただき、診察時間が近づいたらご連絡することもできますので、詳しくは受付までお電話でお問い合わせください。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

スクリーンショット 2020-12-30 11.27.31

Healing Photo Art

By | 未分類 | No Comments

患者さんとご家族、および医療従事者の心を癒し希望を与えることを目的としたHealing Photo Artという財団があります。当院は財団の運動に共感し、財団からの美しい写真を、クリニック内に展示しています。また、当院ホームページでも随時紹介していきます。

興味のある方は以下のホームページもご参照ください

Healing Photo Art  

https://healingphotoart.org